工場バイトをするなら短期?長期?

初めてで様子見なら短期

工場バイトは短期と長期がありますが、初めての工場バイトでとりあえず様子を見たい場合は短期の方が好ましいです。工場は基本的に体を動かす仕事で、製品の検品など細かくてミスが許されない仕事が多いので向き不向きがあります。
最初から長期で入って、結果的に合わないからとすぐに辞めてはバイト先に迷惑がかかります。しかし最初から短期で入れば合わないと感じてもすぐに期間が終わりますし、もし性に合うと感じたら他の工場バイトに長期で挑戦すれば良いのです。
短期バイトの場合は、いつか辞める存在なので簡単な事しか任されませんが長期バイトであれば色々な事を任されます。なので短期と長期では仕事内容が違うという認識が必要です。

性に合うなら長期バイト

工場バイトが性に合ったり好きだと感じるのであれば長期で行うべきです。長期で行った方が安定して収入を得ることができますし、仕事が増えればモチベーションと共に昇給も期待できます。バイトなので基本的には社員の指示に従って動く訳ですが、バイトで結果を残し続けると社員へ昇格できるかもしれません。
そうでなくても、工場バイトは慣れが大切なのでキャリアを積むことでより正確な作業ができるようになります。検品作業でも、最初の頃は節穴の目だったとしても長期で続けると軽く見ただけで異常が発見できるようになります。簡単に辞めることなく続けて、更に仕事の質も上がるとすれば評価が上がるのも頷けます。自分の置かれている立場を考えて短期か長期かを選択します。